The Life of
Charles M. Schulz

1977年

ジーン・シュルツが愛情を込めてシュルツを呼んだあだ名に着想を得て、シュルツはコミックでサリーにライナスを「Sweet Babboo」と呼ばせた。

1977年

シュルツは自身の手の震えに気づき、医師は原因不明の本態性振戦だと診断した。

1978年

シュルツ夫妻が北カリフォルニア漫画家・ユーモリスト協会の年次総会を自宅で開催。

1980年

全米漫画家協会がシュルツの功績を称えてエルジー・シーガー賞を授与。

1981年

レスター・パトリック・トロフィーをナショナルホッケーリーグから授与される。

1981年

シュルツは胸の苦しさを経験し、検査の結果心臓のバイパス手術を受けることになった。

1982年

手術後シュルツは健康増進に努めジョギングを始める。また、Young at Heart raceに関わるようになった。

1983年

レッドウッド・エンパイア・アイスアリーナで女子テニスクラシック大会「スヌーピーカップ」が開催された。

1983年

レッドウッド・エンパイア・アイスアリーナのギフトショップが人気となり、ピーナッツ商品とスケート用品、アイスホッケーギアを専門に販売するギフトショップとギャラリーを隣に建設することを決定。

1983年

カリフォルニア州ブエナパークのテーマパーク、ナッツベリーファームにキャンプスヌーピーがオープン。

8